トップページ  新着情報(公式ブログへ)  公演紹介  スタッフ、ボランティア  お問合せ

奥村達夫 演出家


奥村 達夫 OKUMURA TATSUO

劇作・演出家 PLAYWRIGHT・DIRECTER

日本演出者協会会員・芸術家専門指導員
佐久市文化事業団 館長兼芸術監督 (2014~)

日本人の感性にフィットする都会的で洒落た創りのミュージカル作品に圧倒的な評価を獲得している。最近はミュージカル作品の劇作・演出ばかりでなく、大型イベントや国際フェスティバル等のプログラムディレクターや芸術監督、ディナーショー等の構成など幅広い分野に積極的に進出。「’99国際児童青少年演劇アジア大会」、「日韓・日中韓PAC(パフォーミングアーツ・コラボレーション・フェスティバル)2002」、「アジア舞台芸術祭2002東京」等のプログラムディレクターとして世界各国を往来し大型国際フェスティバルを成功に導いている。また地方自治体からの要請を受けて市民ミュージカルの指導・演出を行う他、ワークショップや大学・専門学校での講演など多彩なフィールドで活躍。その確かな手腕と指導力は各方面から注目されている。

【主な脚本・演出作品】
○オフ・ブロードウェイミュージカル『ベイブス・イン・ザ・ウッド』
○ミュージカル『山田ババアに花束を』(翌年山田邦子主演映画化)主演:なかいおり(元宝塚)
○ミュージカル『カラミティジェ―ン』主演:剣幸(元宝塚トップスター)/夏夕介/小鹿番
○バンダイ・スペシャルミュージカル『大草原の小さな家』主演:前田美波里/目黒祐樹/他
○ミュージカル『黄色いバット』(熊谷文化創造館オープニング記念公演)主演:井上順一/他
○ミュージカル『ハウ・ツウ・デイト2』主演:鳳蘭/他
○ファミリー・ミュージカル『ものいうかしの木』(1800回のロングラン公演を達成)
○バンダイ・スペシャルミュージカル『かぐや島伝説』(セーラームーン)主演:原史奈/他
○日中国際共同制作 アクロバティック・ミュージカル『ムービング』出演:中国国立雑技団 他

【主なライブショー等の構成・演出】
○ピンクレディー「再会」ディナーショー(※全国ツアーも担当)
○ライブUFO
○沖縄歌舞劇団「美」舞踊劇(琉球舞踊の最大会派玉城流玉扇会) 他

【国際大型フェスティバル等のプログラム及びアートディレクター】
○‘99国際児童青少年演劇アジア大会(通称:子どもリンク21)
※海外16劇団、国内76劇団参加のアジア最大規模の国際フェスティバル
○WMF(世界民族音楽日本縦断フェスティバル)
※5大陸から7グループを招聘しての国際音楽フェスティバル
○「日韓・日中韓PAC(パフォーミング・アーツ・コラボレーション・フェスティバル)2002」
※日中韓3ヶ国による国際共同製作作品だけのフェスティバル(9作品)
○「アジア舞台芸術祭2002東京」
※東京都主導による第1回アジア舞台芸術祭。第2回はインドにて開催
○「EU児童青少年演劇日本縦断招へい公演(EU・TAC2005)」
※EU諸国から17芸術団体を招聘して、全国規模のフェスティバルを実施

【その他の活動】
○ジャパンエクスポ‘93信州博覧会テーマ館
★ミュージカル『ふれあいシンフォニー』作・演出
○文化庁助成まちづくり文化事業
★沖縄県名護市市民劇の指導と公演 他

 

廣末恵子

廣末恵子

3歳よりクラシックバレエを始め、jazz dance、tap dance等 多種にわたるdanceを学ぶ。舞台出演多数。HDC所属中にN.Yでのdance経験あり。第二回、第三回佐久ミュージカル出演。第七回佐久ミュージカル構成監修、第八回佐久ミュージカル1部子供ミュージカル「朝のひかりにおはようを」構成演出。

JSC2004~2016総合プロデュース、振付、出演。ひだまりスタジオ管理者、「こころのミュージカル」製作委員会 委員長、KDC presents FM佐久平 JEWEL BOX KDC!!番組プロデューサー。佐久市文化事業団理事及び企画検討委員会委員長、文化振興企画推進委員。最近では佐久ケーブルTV「サクっとTV」エクゼクティブプロデューサー、佐久市文化事業団Presents 広報情報番組「ライブTOハート」プロデューサー&ディレクター、ぞっこんさく市ファッションショー(信州SAKUコレクション)企画演出、銀河連邦ヒーローサクリオンショー等佐久平における様々なエンターテイメントショーを仕掛けている。

廣末晋介

廣末晋介

少年時代、父親の勧めで剣道を習う。大学院時代にジャズダンスを始める。
第四回佐久ミュージカルで剣舞と出会う。現在KDCにおいて剣舞(ソード・パフォーマンス)の稽古を行っている。KDC制作部に所属し、映像編集を手がけており、その腕はプロからも高い評価を受けている。

日本脚本家協会正会員。市民脚本家として第七回佐久ミュージカル「むすびてむすぼ」、こころのミュージカル2009「とびらのむこうに」、同2010「Ray~明日への光」、同2011「ハローサンシャイン」、同2012「MONONOKE」、同2013「ELEMENT・HEARTS」、同2014「コイトラ~夜明け前」、FM佐久平ラジオドラマ「夜刀の剣」。ぷちみゅーじかる「らいおんはーと」、「シンデレラステップ」「失われたチーズケーキ?!」全11作品を世に送り出している。

山口万里子

山口万里子

立教女学院中学校、桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部演奏学科声楽専攻卒業。志村年子、萩谷納、増沢雅子、森敏孝、東敦子の各氏に師事。演奏活動のほか、コンサートの企画、合唱団の指揮、後進の指導にて活動中。

1997年イタリア・シエナ市にてコンサート出演。マドリガル発祥の地シエナのマドリガルの権威A.マツェオ氏、T.クインテッティ氏を招いてのセミナーで演奏し好評を得る。1999年12月、ベートーヴェン作曲交響曲第9番ソプラノソリストとして佐久オーケストラと共演。企画立案から合唱指導まで携わり、「長野県南佐久地区初の第九演奏会」の成功の一翼を担う。長野県佐久穂町商工会主催「花咲く高原の里で音楽を聴く夕べ」では、1987年から2011年まで25年間にわたり、一流の演奏家を内外から招く演奏会を企画。2009年10月にはインドネシア・ジャカルタで演奏会に出演して好評を博し、その様子は翌日の地元主要紙ジャカルタポストに写真入りで掲載され、スマトラ地震被災地のための募金活動にも貢献した。

コーラス・フィオレンテ、コーラスグループ「歌声ひろば」、ポピー童謡の会 指揮者、長野県・佐久創造館合唱団 フレンドリースタッフ

佐久穂町公民館主催「歌唱教室」講師、佐久演奏家協会会員

東京都世田谷区出身 長野県南佐久郡佐久穂町大日向在住
http://www.mariko-yamaguchi.net/

 

 

 

 「こころのミュージカル」製作委員会 事務局
 
長野県佐久市中込3-2-13 ケイジン橋場ビル1階ひだまりスタジオ  TEL 090-3228-5563